無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月22日 (月)

バレンタインデーは、シングルスキーだった

~カミサンや娘にもチョコはもらえなくなり、息子から朝、チョコバットを1本もらったぁ~

冬型の気圧配置のバランスが弛み関東平野部でも雪が少し降った2月14日(日)、朝起きたら天候は晴れ。予報では朝のうち曇りだが午後からは晴れ。夜にはまた崩れるという。昨日までハードワークが続いていたが、脚が疼くのでスキーの準備。起きて来た息子に行き先を告げて支度を済ませ、カミさんと娘が寝ている間にエンジンのキーをひねる…。出かけ際に小学生の息子が「これ食べながら行って!」とチョコバットのプレゼント。たぶん今日が何の日かなんて気にも止めていないだろうが…。遠くに望む浅間山が、今日はキレイだ。1002

今回は上武道路(R17号)経由で北関道の伊勢崎ICから乗り、高崎JCTで関越道に合流し一路沼田ICを目指す。本来は遠回りなのだが、高速料金1000円のなせる技で、しばしハイウェイクルージングを楽しむ。クルコンを100km/hチョイにセットし、コンビニで買ったパンをほおばりながら左車線をひた走るが、流れは順調だ。沼田インターからR120号で椎坂峠を超えて片品村へ。目的地は、かつてあこがれたサエラスキーリゾートだ。国道120号の看板に従い右に折れて上りはじめるが、道路に雪はなし。サエラへの専用アクセス路に右折したとたん日陰で雪の残る凍結路だった。それまではよく整備された生活道だったので交通量も多く除雪も行き届いていたのだと思う。しかし登坂も緩やかでこの程度の路面なら、このSHフォレ純正装着のオールシーズンタイヤでもまったく問題なし。ココのスキー場は、スキーブームの後半にオープンし結構トレンディだった記憶がある。当時尾瀬戸倉や岩倉の帰り道の迂回ルートとして付近を走り、尾根づたいに燦然と輝くナイターを横目にしながら「今度はサエラのナイターがいいね!」とか約束しながら、はや十五年…モチロン、今のカミさんとのことだが(汗)、今回は帰ってから自慢しよ~っと。

1001 ポールスター上級コースから尾瀬岩倉スキー場を望む。ここから眺めると男子国体、女子国体コースの全貌がつかめ、落差が大きいことがよくわかる。スキー場山頂の西山の方が距離の関係で高く見えるが、右奥の森林限界を越えた真っ白な山は、戸倉経由鳩待峠ルートでアクセスする尾瀬の至仏山だと思う。

滑り始めは午前十時。予報どおり快晴だ。リフトは3本、最初の第一クワッドを降りて左折すると、ポールスターコースだ。一本目は脚ならし?で上部1/3は迂回コースをすべり、途中から本コースに合流する。左半分は無料ポールコースになっており、右側を滑り降りて第3ペアリフトへ。まぁ、この慣れない板じゃポールなんて無理だと思うので目立たぬように一般コースを滑る。コースは除雪車で圧雪されているが、日陰は凍っている。ポールスターから分岐してすぐのコメットコース上部は圧雪されておらず新雪が残っている。それぞれのバーンを交互に計5本滑ってから一度トイレ休憩でレストハウスへ戻る。残業、休日出勤開けの体には疲れが溜まっており、息が切れる。

休憩後は第一クワッドに乗り、ボーゲンで板のたわみや荷重位置等を少しチェックしてから、第4クワッドでパノラマコースコースに出る。ここの景色は見事だ!尾根伝いのコースが多く見通しが良い。西には武尊山が望め、尾根伝いにオグナほたかスキー場のコースが見え、またフレームアウトしているが、その左には榛名山も遠くに見える。1003 ↑こんな景色を眼前に滑るのはサイコー!

迂回ルートで広い場所に出ると、そこからシューティングコースで、なだらかなバーンが続く。昼近くなのに、コチラのコースも日陰は若干凍っていた。つぎはいよいよ迂回せずギャラクシーコースだ。右カーブでバンク角が付きながら下ってゆくコースも、圧雪は行き届いているが一部アイスバーンであり、エッジが引っかかり転倒すること2回。ともに右ターンで右足(山)側に乗り上げてしまい転倒。アイスバーンに引っかかる「ガリガリッ」という音で心理的に後傾になりスピードが暴走気味になってしまい、急斜面での両足荷重の難しさを知る。カービングスキーに乗り換え3日目なのでまだまだ慣れない。4本ほどこのリフトに乗り双方のバーンを2回づつ滑ったら、情けないけど息が上がってしまい、スキー場を後にする。

ここサエラは、一本のリフト距離が長いのでスタミナが要るが、中級者以上なら、スピードをしっかりコントロールすれば、どのバーンも楽しく滑れると思う。本来は広大なゲレンデだったと思ったが、昨今のスキー、スノボ人口の減少で、経営縮小を余儀なくされているのかな?絶景のコースは、是非とも存続させていただきたい。

着替え終わって時刻は午後2時、スキー場を後に沼田市内で遅い昼食を摂り、関越道にて帰路についた。駒寄PA付近が混んでいた以外は順調に流れており、早めに自宅に戻ってゆっくりと風呂につかった。カミさんには、夕食時に何処のスキー場に行ったか、チョットうれしそうに報告した。

ブログネタ: ウィンタースポーツの思い出は?参加数拍手

2010年2月20日 (土)

標高2000メートルっ!

今月のファミリースキーは、アサマ2000に行ってきた。

2/8の天気予報では長野方面が雪のち晴れ(群馬県北部は雪のち曇り)だったので関越から上信越道に分岐し長野方面へ。横川ICから先はチェーン規制だったが高速道に積雪や凍結は見当たらない。チェーン装着のクルマを追い越す以外は左車線を80km/hのクルコン設定で走行する。八風山トンネルを抜け、長野県側に入って天候は晴れていたが、正面左に広がるはずの浅間山がまったく見えない。102000_001 まだ雪雲がかかっているようで、なにやらイヤな予感。小諸インターで降りて数キロ東京方面に引き返してから左折し、しばらく上ると雪が降り始める。風はないのだが、高峰高原に続く道は昨夜降り積もった雪。時間は午前9時前後。後半のアプローチは急な登坂路や高低差の大きいヘアピンカーブの連続で後輪は流れるわVDCは作動するわの連続だった。前回来たきから20年近い年月が過ぎていたので、こんなに急な道だったのか?と後悔しつつ上ってゆくが、オールシーズンタイヤの限界を思い知らされる往路だった。今回ココを選んだのは、その先の湯の丸には2年連続で行っているのと、ここのところ浅間山の噴火が落ち着いているので、という理由だったが、まぁ、事前にルートの下調べが必要だったということで不甲斐ないったらありゃしない。

スキー場についたら太陽光は射しているのだが、風が酷くとても滑る気にはなれない状態だったが、ダラダラ着替えている途中で風が少し収まり、なんとなくヤル気が出てくる。102000_003 20年ぶりのゲレンデは、特に進化している様子もなく、ほぼ昔のままだった。ここのウリは湯の丸同様のパウダースノーで、歩くだけで板がいい音をさせて鳴いている。リフト券は例によって子供無料デー。午前中は初心者向けのコースSTAGE4で楽しみ、昼食後はSTAGE3へ。風の流れも穏やかになり快晴だ。本当はリフト右手のポールコースのバーンが楽しいのだが、小諸のジュニアチームともう一つ一般のチームが使用しており、通常のスキーヤーは立ち入れない様子。ここのクワッドリフトSTAGE2を数回滑った後、レストハウスでコーヒーブレークして駐車場へ。

102000_002 STAGE2ゲレンデ上部から表万座方面を望む。その延長上に本白根、白根山と一直線に重なるワケだが、雲がかかっていて山頂は見えない。この様子だと右側の草津や、水上、新潟方面も、左側の嬬恋や菅平方面も天気は優れなかったのではないだろうか?この日は、ここで正解だったということか。

車中で着替えて帰路は午後3時。経験上、解けた雪が凍り始める午後4時までには高速道に入ろうという理由でスキー場を後にする。前に熊谷ナンバーのホンダのウィッシュがとても慎重に下っているので、2番手で車間距離を保ちつつ下る。先導車がいた方が(自分が先導車でない分)、心理的には安心だ。路面状態は、日向は雪解けのWETで、日陰でもざら目雪でありグリップは良好。前車が遅いこともあるが、往路のヘアピンは1速のエンブレを効かせながら下る。直線路では2速エンブレ+40km/hくらいではすぐ前車に追いついてしまうので、慎重に走る。小諸ICから再び上信越道に乗り、横川SAで休憩した後、関越道経由で帰路についたが、追い越し車線は120km/h、一般車線は80~90km/hという、クルコン標準設定ではどっちつかずの流れで、結局必要時のみ追い越し車線を使い、平均100km/hくらいで走行する。

今回、天候と路面選択は明らかに自分のミスで、カミさんには心配させた。ソロでの運転ならなんでもないシチュエーションでも、パッセンジャーを不安がらせてはイケナイと痛感した。やはりこのような路面はスタッドレスがよいと思うので、今シーズンの残りはアプローチが容易なスキー場を天候と相談して慎重に選択し、来シーズンはスタッドレスを装着しようと思う。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »