無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 高速代が1000円で済まなかったワケ | トップページ | 洗車機にミラーをぶっ壊されたハナシ »

2009年4月26日 (日)

春スキーを満喫!

4/19(日)平日同様の時間に朝食を摂って関越道で一路、小出ICを目指す。途中の谷川岳PAでは湧き水をポリタンクで汲んでいる集団に出くわす。その光景を眺めていたら知らないオバちゃんに「本当においしいの?」と聞かれたので、「…みたいですね…」としか答えられなかったが、JRでも谷川の湧き水は「大清水」の商標で商品化されていたと思うが、まだ販売しているのかな?

小出インターで降りて一般道へ。奥只見シルバーラインへと右折する角の学校では桜が満開で、その後の道沿いも桜がところどころで見られたので、とてもキレイだった。シルバーラインでの左折車線では、榛名湖メロディライン同様路面に溝が彫ってあり、この入り口にふさわしい曲が流れてきた。料金所はずいぶん昔から閉鎖されており、自分がはじめて訪れた20年前には、既に無料開放されており、その頃は時間制の一方通行で、午前は奥只見ダム方面へ、午後はその逆と規制されていたと思う。洞窟のようにセメントで固められた壁面ばかりで、地下水も天井からしたたれ、暗く狭く秘密基地の通路のようだったが、現在では全線対面通行でカーブの壁には大きな矢印が電光で点滅し、斜度が急に変わるところには地平線の黄色いラインが記されておりわかり易い。暗いトンネル内でカーブやアップダウンがあると錯覚を起こす可能性があるための措置だが、安全上充分配慮されている。2台のクルマがペースメーカーでオレの後ろも数台続いて登っていたが、途中でオデッセイと、数分後にはスズキの小型車に追い越される。五台以上連なっている後ろからものすごい勢いで抜かれた。確かに追い越し禁止のセンターラインではなく、標識も出ていない直線登坂路だったが、チョット怖かった。腕に自信アリなのだろうが、対向車が来るリスクも、もう少し考えて欲しい。

01  トンネルを抜けたスキー場の近くは満車で、ダムサイト近くの駐車場へは11時前に到着したが、着替えて無料送迎バスに送られてリフト乗り場までやって来たのが11時40分。午後券は12時からということで20分待つ。本日、子供たちは一日券無料デーということで、待ちきれずに先にリフトに乗っていってしまう。一番下のリフトを一本滑った後、3本のリフトを乗り継いで山頂へ。本日はスキー大会があり、子供らにとって雪質も良く一番オイシイ山頂からのなだらかコースは競技コースに使用されており利用不可だった。

04 丸山山頂より。銀山湖の彼方、正面に見えるのは燧ケ岳。その右側の山脈稜線の向こう側が尾瀬ヶ原だと思う。

いつもなら丸山山頂ヒュッテ裏は、春の光をの浴びながらダム湖を見下ろしつつのんびりランチ出来るのだが、ヒュッテ脇が競技スタート地点となっており、競技を控えたジュニア選手や母親達大勢がピリピリしていた。安全ネットの一番下、ダムが見下ろせる位置まで降りて、ここに座ってコンビニで買って来たおにぎりや惣菜でランチ。飲み物は雪に埋めておくとすぐに冷えてGood!遠くの雪景色を眺めながらのランチは春スキーの楽しみの一つだ。隣の中年男3人組はストーブと鍋持参でレトルトカレーとライスを温めていた。福神漬けもあり、子供たちがうらやましがっていた。午後は数本滑ったのみ。

05 奥只見の壁、以前は中央にリフトが通っていた。根性なしなので斜度のゆるい林の右側を滑るが、ヒザはガクガク、息も絶え絶え…。家族は迂回コースを選択した。雪が融けてざら目状になっている箇所や、最下部のゲレンデでは一部土が見え始めており、子供らも慣れない雪質にかなり疲れたこともあり3時ごろにはクルマに戻り、みやげ物屋で岩魚の塩焼きやダムの観光を楽しむ。

帰路もシルバーラインを下るが、マナーを守ったクルマのみで追い越されることはなかった。出口からは桜の花が散るさまを再び楽しみつつ、小出ICから帰路に付いたがその後の顛末は前回UPしたとおりだ

« 高速代が1000円で済まなかったワケ | トップページ | 洗車機にミラーをぶっ壊されたハナシ »

スキー&ゲレンデリポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506677/44798370

この記事へのトラックバック一覧です: 春スキーを満喫!:

« 高速代が1000円で済まなかったワケ | トップページ | 洗車機にミラーをぶっ壊されたハナシ »