無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月26日 (木)

PRODRIVEのWRカーが…

売りに出ている。
前年のワークスマシンをリビルドして翌年プライベーターに提供することは以前から行われていたが、これだけ歴史に残るマシンを一度にセールするのは、よほど大変な台所事情なのだと思う。

スバルのモータースポーツの歴史を築いて来たクルマたちだ。
まず土台にレオーネ時代のサファリチャレンジ等のベースがあって、本気で世界制覇を達成するためにレガシィを開発し、さらなる運動性能向上のためにコンパクトを追究し、当時マイアと商用車として残っていたレオーネとスイッチする形でデビューしたインプレッサで戦ってきた。その間、レガシィから英国プロドライブ社と提携して英国ドライバーの中からWRチャンプを2名も輩出した。ご存知C.マクレーとR.バーンズだ。二人とも残念ながら天に召されてしまったが、その魂はいつまでもスバルファンの中に灯し続けることと思う。Wr_04↑当時のとあるイベントにて。WRC97か98モデルだと思う。
スバルのディーラーイベントなんかではリトナをWRブルーにリペイントしてデカールを貼り外装をWRカーっぽくした「なんちゃってマシン」が闊歩していたが、写真のクルマは間違いなくWRカーだった。たぶんTカーかなんかじゃないかな。Wr_03 ↑左は1枚目と同じマシン。右はウチのWRカー。98年モデルだ。前回紹介したプラモ同様、1/24タミヤ製だ。
そんな中、ウレシイニュースとしては、タミヤからRCでインプレッサ2008モデルがリリースされるとの情報が舞い込んだ!たぶん型の開発も終了しており、2009のデカールでデビューする予定だったんだろうなぁ~。Wr_02 ウチには98年WRカーをベースにロードゴーイングバージョンの22Bに改修したRCインプがあるのだが、シャシが共用できれば、ボディのみ乗せ替えてみたいと思っている。ホイールベースが合えば、たぶん交換出来るのではないかと思う。
まぁ市販車ベースのレオーネ時代に戻ったと考え、ここからWRC再チャレンジの闘志を燃やしてゆくと前向きに考えたい。PWRC第一戦の新井さんは残念だったが、次戦キプロス3/11~15に期待したい。

…って、新井さんちでもマシンが販売されているではないかっ!!

2009年2月 2日 (月)

オレの作った自慢のプラモ!(笑)

コネタマ参加中: あなたが作った自慢のプラモデル教えて!

今回は上記コネタマに参加してみようと思う。

 写真はタミヤ1/24スバルインプレッサSTIで、GDB-A型をモデライズしたものだ。この頃はGC8インプがWRCで連勝の伝説を作り、待望のフルモデルチェンジを行った2代目である。WRカーよりここちらの量産車の方がプラモ化は早く、発売後すぐに購入し完成させたと思う。組立はストレート。フロア下面にボディカラーを先に塗り、サス、ホイール、駆動系を組立て、別途塗装&組付けを行ったバスタブ型内装をシャシーに接着。ボディは塗装→窓枠を黒塗り後接着→前後ライト周りの組立→ガラス&ミラーの取り付け。シャシーと組み合わせて完成である。Gda_01
 最近のクルマのプラモは、殆どこの手順じゃないかな?子供の頃のプラモはゼンマイかモーター動力が当たり前で、大型のクルマになると、エンジンパーツの中にモーターを仕込み、ゴムチューブとシャフトをプロペラシャフトに見立て、リヤデフから後輪駆動したプラモなんかもあった。あと、自分で組んだのではないが、タミヤのフェアレディZサファリ仕様なんかは、ステアリングと連動して前輪を切ることが出来たと思う。日産はエンジニア部門の新入社員教育に日産車プラモを教材に使ってクルマの構造を理解させるとかって、何かの雑誌で読んだ事があるが、昨今におけるプラモの再現度には目を見張るものがある。

 話は戻るが、このインプレッサ、一つだけ大きなミスがある。そう、実は実車のボディーカラー展開に赤は無いのだ!STIではないGDAインプレッサWRXにはもう少しピンクに振ったレッドが展開されていたのだが、イタリアンレッドに塗ってみたかったのでこの色としたのだ。写真は1/24ドライバー目線より低いポジションで、デジカメ設定は絞り優先モードで撮影。米国出張時に現地のクルマ好きの前でPCにこの写真を壁紙設定し、「これがマイカーだ。」と自慢したら、Gda_02 「オマエ、こんなにホットなクルマに乗っているのか?」とウラヤマシがられた←持ってはいるが、乗れないっ(笑)。その後プラモだと説明しても、しばらく信じてもらえず、タミヤのHPの製品紹介にアクセスして納得してもらった…と言うのが、強いてあげれば自慢かな?
 WRカーも何台か作ったのだが、経年変化によりデカールがひび割れてしまい、とても撮影に耐えられるものではなかったので、今回の写真はすべて2001年頃に撮影したものをMOから引っ張り出してきてUPした。デカール割れは乾燥後にクリヤーを吹いてコーティングすれば防げるようだが、最近はプラモに時間が取れず、じっくりと取り組めないのが残念だ。じつはスバル車ばかり、プラモは何種類か購入しており、メーカーもタミヤ、フジミ、ハセガワ、アオシマと、日本の大手スケールプラモメーカーからはかなりな数のスバル車が模型化されていたりする。中にはR2(旧の方)なんてレアものもあったりするが、今一番欲しいのは廃業したイマイ社製の旧サンバーだ(イマイはレックスコンビも商品化していたと思う)。

Gda_04 例年のWRCなら今頃はモンテカルロも終わり、2月のスウェデッシュに向けて09モデルをテスト中なのだろうが、まったく興味がなくなってしまった。PCWRCは第2戦のノルウェーからということなので、新井さんの活躍に期待したいが、ラリージャパンも本年は行われないし…。本来ならタミヤ、ハセガワあたりからGRBインプSTIやWRカーのプラモがリリースされても良い頃だが、WRC撤退を受けてプラモの開発も中止されたのかナ…だとすれば、とても残念なことだ。

 昨年暮れのカートピアなんかでもスバル車のプラモの特集をしていたけど、フォレスターはモデル化されていないのが、オーナーとしてはチョット残念だ。

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »