« おかげさまで、一周年。 | トップページ | オレの作った自慢のプラモ!(笑) »

2009年1月28日 (水)

片品へ再び…

今シーズン2回目のスキーは尾瀬戸倉だ。

昨シーズンはこのブログを始める前、初滑りで訪れたところで、今年はオグナほたかに続いて、連チャンで群馬の片品方面となった。ここは昔からお気に入りのスキー場であったのだが、今回オレはバースデーなのでリフト券無料、第4日曜日は小学生は無料ということで目的地はあっさり決定した。Tokura00ssちなみにカミさんのリフトはネットのクーポンをプリントアウトして500円割引。4人分のリフト券が、なんと3700円で手に入った!

往路は前回同様、関越沼田インター~椎坂峠~片品村のルート、国道120号を鎌田のランプで左に折れ、かたしな高原、尾瀬岩鞍の入り口を通過し、鳩待峠へ続く道をひた走る。道に雪は無く、行き止まりの標識を右斜めに折れて少し走ればスキー場だ。駐車場は凍結していたので、入り口を慎重に下る。

気温の方は金曜日に高く、土曜日は寒気の影響で再び下がり、一度溶けた雪が再び凍り、ゲレンデはアイスバーンが多かった。大好きなコースは午後になっても凍っており、中上級コースは散々だったが、初級コースは楽しかったので子供たちも喜んでくれた。

Tokura01s 一箇所寄り道の後、椎坂峠を再び越えて帰路についたが、沼田インターの数キロ手前で渋滞となった。国道17号への迂回ルートの標識を発見したので、その交差点で左に折れ、片品川と並行して走る道に出る。この道は園原湖経由で17号へ抜ける道であり、120号を経由せずに吹き割れの滝より先まで裏道でパスすることが出来る。バブルの頃は良く使った道だが、薗原湖以北は急な登坂路も多く、地元方々の連絡道であり、運転には注意が必要だ。まぁ今はスキーブームも終わり120号も爆発的に混雑していることも無いと思うので、現在使う必要は感じていない。薗原湖以南は通常の道路であり、昭和村役場の手前で橋を渡り、役場の前を通り過ぎ、途中の標識を右折すれば岩本の駅前で17号と合流できる。このルートも信号は少なく、流れも順調なので、途中の標識を左折すれば、赤城インターまで混雑も無く到着する。

インターには入らず、前回同様のルートで富士見温泉の湯につかり、前回同様に下道で途中で夕食をとり帰路についた。

« おかげさまで、一周年。 | トップページ | オレの作った自慢のプラモ!(笑) »

ゲレンデが呼んでいる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 片品へ再び…:

« おかげさまで、一周年。 | トップページ | オレの作った自慢のプラモ!(笑) »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウタノチカラ
    お気に入りのJ-POPを中心に歌のお話など
  • 映像作品のはなし
    アニメ、特撮、漫画、ドラマ、映画、ドキュメタリー等、映像関連なら何でも
  • ゲレンデが呼んでいる
    オッサンスキーヤーによる、スノードライブ&スキー場リポート
  • 大空の彼方へ
    鳥、航空機、空、宇宙、天体等の話題
  • 愛車でドライブ
    まだまだ知らないニッポン、カントー、グンマっ!
  • ヨタばなし
    どのカテゴリーにも属さないネタすべて~ホントにユルくてヨタな話題です~
  • アウトバック BS9
    再びSUV、そしてレガシィ系への回帰~ 現在の愛車です♪
  • レヴォーグ VM4
    1.6ターボにぞっこん、SUVからスポーティなツーリングワゴンへ
  • フォレスター SH5
    子供らの成長と共に、我が家のファミリーカーとして大活躍
  • フォレスター SG5
    ストラットに惚れ込み、レガシィから乗り換え&ターボ車デビュー
  • レガシィ BG9
    結婚前の駆け込みでドタバタ購入。子供らのBirthday Express ~
  • レガシィ BF3
    All Newな新型車デビューと共に初めての新車購入!
  • レオーネ AJ5
    スキー開始と同時に購入した最初の4WD。パートタイム4駆の素晴らしさを実感
  • サンバー TW2
    ヴィヴィオの後継、家人用に運用していたファミリーカー
  • ヴィヴィオ KK3
    亡き父の愛車。譲り受けて3年間運用
  • その他スバル
    自分の愛車以外のスバルなネタを語ってゆきます。