無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月29日 (土)

グッバイキャリア

日付が変わってしまった。昨日の朝は不燃ごみの日だったので、BF3のころから長年使い続けたスキーキャリアを処分した。
RV INNOブランドで、キー施錠機能付きルーフレール取り付け金具、角パイプにラバーのコーティングされたシステムキャリアベース、そしてスキー板3枚積みと、フラット2枚積み(ボード兼用)のキャリア本体2組(共に施錠機能付き)だ。BF3においては7年のうち最後の2年、殆どスキーに行ってないBG9では6年半、SG5で5年半と、14年にも渡りウィンターシーズンで活躍してくれた。購入初期こそ、左サイドは平積みキャリアではなく、スキー板2台用で計5台分のスキー板専用キャリアであったが、ボードにチョット浮気した時期(90年代中盤頃かなぁ?)もあって、そのとき平積み用に換装した。結局は上達せず、2シーズンほどでスキーに舞い戻ってきたが…。CarrierBF3、BG9はルーフレールが前後中の3本の支柱で空中に浮いた構造だったのに対し、SG5はルーフに直接レールが付いているタイプなので、取付金具のみ新調した。スキー板を斜め積み、その脇のスペースを有効活用してストックも収納できる機能は、購入当時とても新鮮だった。まだまだ現役として充分使えるのだが、SH5はルーフキャリア装着の際は、ルーフに設定されているナットに、キャリアベース金具を直接ボルト止めする構造になってしまったため、スバル純正キャリアを購入する必要が出てしまった(ネットやショップで調べたがRV INNOではSHフォレスター専用の金具は現在販売されてなかった、というか単一車種の専用金具は汎用性が低いため商売にならないと思ったりもするが)。

金属、樹脂、ゴム部等が一体となって分解不可能であり、ウチの自治体では不燃ごみ扱いだ。そのうちキャリアベースのみ寸法が嵩むので、有料シールを貼り付けて送り出した。子供たちも残念そうに惜しがってくれたが、しっかり働いてくれたことに感謝している旨を話したら、納得してくれた。

2008年3月22日 (土)

春にピッタリの着メロ・着うた

スキウタの一発目はやはり、この方の曲から書こうと思う。

今月から変更した着メロは、オレがイチオシする夏川りみさんが歌う「あの花のように」だ(オルゴールバージョンだけど…)。

NHKドラマ「フルスイング」のエンディングに流れていた主題歌である。このドラマにいかに感動してしまったかについて以前述べたが、この歌も、人生の坂道でぶつかる苦難を乗り越えてゆく様を、冬を越えて開く花にたとえ、その時に自分は風になって、さりげなく貴方の後押ししようという、前向きでさわやかな癒し系の曲だ。

この曲の花を自分なりに例えれば、「さくら」ではなく、ズバリ「タンポポ」だっ!アスファルトの裂け目の僅かな隙間からも路面すれすれに大きな葉を広げ、背は高くないが、ひたむきに黄色い花を咲かせる生命力…ドラマの影響はもちろん、こういったちょっと地味系で控えめな美しさが、りみさんの力強い歌声に重なっていて素敵だと思う。

個人的に花は観賞用よりは鉢植えの観葉植物系、鉢植えよりも土壌の花、さらには花壇や畑よりも道ばたに勝手に根を下ろしたり、草原で群生したり、その場所で、しっかりと生きている名も無き花が大好きだ。野菜や果実がつける花も、また違った意味で美しいとも思う。

りみさんのこのキーなら自分の声域と合うので今度カラオケにチャレンジしようと思い、先日CDをレンタルして歌詞を起こしたのだが、テキストを打ち込んでいる最中に涙がこみ上げてきてしまった。

最近の涙もろい理由は、今年は特に激しいスギ花粉アレルギー反応だけでなく、泣き上戸のオッサンになったことも影響していると思い、マイッッタな~という感じだ。

p.s.トラックバック機能を初めて使ってみるのにちょうど良かったので、今「スバルWEBコミュニティ」の半蔵門アクティブ会議内で実施中のこの企画「春にピッタリの着メロ・着うた」に応募してみました。自分もここと同じB☆4駆のニックネームで出没しています。

2008年3月20日 (木)

分厚いマニュアル

今週前半は東京に出張だった。業務時間や内容に応じては社則で宿泊可能な条件だったが、長距離通勤?を敢行。まぁ、このあたりから都内へ通っている方は多数おられるので、当たり前と言えばそれまでだが…。

で、通勤電車の中でマニュアルを眺めていたが、往路はすぐに睡魔に誘われてしまった。帰路の乗車は始発駅ではないので、立ったまま下車駅まで読書に耽った。車両取説の方は呼んでも仕方がないので、オーディオとナビ用の機能を中心に読破した。Manual

費用のかからないG-BOOKフリープランが魅力的だったのがこのナビを選択した理由の一つだったので、理解したマニュアルを片手に、本日携帯との接続トライを行った。手順通りに何回やってもうまく行かないので、サービスコールをかけようと思ったが、その前にネットで出来る限りのことを調査してからと思い、TOYOTAやSBARUのG-BOOKサイト、携帯の通信関連サイト等を調べていたら、問題がはっきり掴めた。何を勘違いしたか、自分の携帯にはBluetoothが搭載されていないことが分かったのだ。いままでBluetoothとは赤外線通信規格の最新バージョンとと言うことを信じていた。Bluetooth非搭載の携帯は専用アダプターが必要と言うことなので明日注文せねば…。

マニュアルはぶ厚いが、ほとんど表示画面の写真中心となっているため、活字自体はそれほど無い。オーディオの方もかなりの機能が分かってきたので、これから色々とトライアルしてみようと思う。

2008年3月16日 (日)

ダークグレーメタリックを契約日に即決!

本当は現行BPアウトバック前期型のクールグレーメタリックが欲しかったのだが設定になく、近似色のセージーグリーンが第一候補だった。販売店にあったのはパールホワイトとレッドのメタリックだったが、この赤は3万円高のことだけあって、とても綺麗だ。BG9、SG5と10年以上シルバーに乗り続けたので、違う色を物色したのだが、赤や青系は映えるとは思うのだが、飽きそうな気がして、そうかといって白や黒一色に振る気にもなれず、こと毎日乗る車となると、永遠の流行色?であるグレー系がいいと、イキナリ消極的になってしまう。また今回のSHフォレは、フロントバンパーのフォグランプ廻りが無塗装黒色(樹脂の地色?)なためシルバーや白系だと、カタログで見る限りチョットチープな感があった。Sh5_04kai2m

ところが成約時に、販売店の整備ガレージでインプレサSTIのダークグレーメタリックが納車準備の整備をされていて、一発でその色に惚れてしまった。室内では黒っぽく見え、日陰、日光と光源の明るさによって発色の変化を見せる。カタログでは妙に黒すぎるグレーにしか映らず、この写真もカメラマン(←オレ)の腕が悪いので絶妙な色調を表現し切れてないが、個人的には充分気に入ったので、他の色の実車は目に入らなくなってしまった。近くの販売店にこの色の試乗車が用意されていると言うので、連絡を取ってもらってその日のうちに確認して契約した。

贔屓目もあるかも知れないが、スバルのクルマは、雑誌等の印刷物で見るよりは、現物を目で見るのがイチバンだと思う。

2008年3月 9日 (日)

ファーストインプレッション

週末までの通勤分+土日で約300km走行した。トランスミッションは5MTを選択。いい年こいてMT仕様が納車遅れの原因だと、会社の連中にはさんざん冷やかされたが、元バイク乗りとしては、この選択はハズせない。じつは前車SG5の前に6年半ほどレガシィツーリングワゴン250T(BG9)に乗っていたのだが、それ以外の自分で購入したクルマは、すべてMT車だっ!SG5の時もMT車を注文し、このときも販売会社に在庫が無く、受注後生産だったのだが一ヶ月以内に納車できた。しかし今回はさらに半月ほど余計にかかってしまった。

Sh5_02それはともかく、アイドリングがさらに静かになった。納車時オドメータ17km(陸運支局への往復分を考えると妥当な距離だと思う)で受け取った後にセルフスタンドで満タンにし、本日で330km表示。慣らし運転中なのでSIドライブもInteligentモードに固定で、シフトインジケータの三角点滅に従い回転数も2500rpm以下でシフトアップ。SG5に比べ、シフトストロークが短縮化されているので操作がとてもキモチイイ!SG5のシフトストロークは、自分が初めて新車購入した初代レガシィ(BF3)のシフトストロークと何ら変わらないフィーリングだったので、そのうちオプションのSTiショートストロークシフトリンーケージに換装してやろうと思いながら今日に至り手放してしまったが、SH5はかなり良くなっており、オプションで前述のパーツは設定されていないことも理解できた(最初からこのパーツ相当品が装着してあるのかも…?)。

サスペンションストロークの固さは、SG5のNA相当ぐらいで、ややソフト側に振られた感じ。低速でのステアリングが軽くなった事に違和感を覚えるが、これについては、そのうち慣れてくるモノと思う。インパネにドリンクホルダーが無くなってしまったので、サイドコンソールの少し後ろ側からドリンクを取らなければならないので、慣れるまで時間がかかりそう。また、無糖ブラック派としては、小型缶コーヒーをホールドするサポートがないので、ドリンクホルダーが必要かも…。サイドブレーキはドライバー側にオフセットされたので近くはなったが、シートベルト金具が差し辛くなった。

p.s.写真を撮り忘れたので、納車日のものを貼り付けておきます。

2008年3月 6日 (木)

豚汁セット

奥利根スノーパークの中腹にあるレストハウスで摂ったランチはこれだっ!Photo
ライスは普通盛り、コロッケwithキャベツ付き。他にもメニューはあったが、クーポン券による900円相当分の食事券と120円相当のソフトドリンクがついた。あっ、言い忘れたが写真のモツ煮とビールはオプションだ。ドリンク券は子供らに渡し、自分はこちらを…。息子がモツ煮を妙に気に入ってしまい、お替りも購入した。カミさんは野菜そばセットで、子供らは肉まんやラーメン、フライドポテト等まちまちだったが、みんな満足していたよ~。

2008年3月 4日 (火)

うれしいひな祭り

Hina昨日はひな祭りだったが、とくに我が家ではイベントなし。娘が保育園児の頃は雛人形を前に桜餅やお寿司等でささやかなお祝いなども行ったが、雛あられでお茶を飲んだ程度だ。

…で、何が嬉しかったかと言うと、ついに、ついにやって来たっ!

新型フォレスターSH5だ。

Sh5_01

1月19日に注文し、登録は2月28日。で、納車は昨日。1日の大安でもヨカッタのだが、2日にSG5で最後のスキーに行くため、この日にしてもらった。販売会社に在庫がないため、オーダーを受けてからメーカーである富士重工業へ発注。カタログモデルではあるが、受注後生産モデルだ。オレのために作ってくれたスペシャルモデルだっ!(←ちょっと大げさ)昨夜はガソリン給油後、慣らしも兼ねて100km位ドライブ。まァこの新しい相棒ために、ブログをはじめたようなものなので、少しづつ感じた事を語ってゆこうと思う。

2008年3月 2日 (日)

Best weather!

奥利根スキーパークへ家族で出かけた。前日に少し雪が降ったようだが、本日は曇りのち晴れの予報。往路は一部有料道を使い、最近オープンしたPAを初めて利用した。売店はセーブオンの24時間営業ので、早朝から利用できた(明日3/3までおにぎり50円均一セール中!)Sg5_04s_2

このスキー場は小学生以下の子供リフト券はフルシーズンで無料、公式HPからクーポンをDLすれば、食事+ソフトドリンク付きの大人用一日券も割安で購入できる。風は終日無風状態で午後からは晴れ間が射し、汗ばんでしまい春スキーの様相だった。水上温泉から近く、標高も低めなため下側半分のゲレンデはベタ雪になってしまったが、景色も最高だったので家族共々、ウレシイ一日だった。写真は一番上のリフトを降りたところで、左手に水上高原のゲレンデの一部と、右手前に宝台樹の南斜面ゲレンデ(今は滑走禁止なのかな?)が見え、その彼方には標高2000m級の笠ヶ岳から至仏山への尾根が連なっており、至仏のさらに先(写真の裏手)は尾瀬ヶ原だ。Okutone

帰りはずっと下道で富士見村の温泉に立ち寄り、帰路についた。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »