無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

2019年6月22日 (土)

今期イチオシなアニメション~♪

4月度からスタートし、1クール終盤に差し掛かった「Carole & Tuesday」
Ct_01
ネイティブイングリッシュによる曲のオンパレードで、ワタシは存じてないのですが、楽曲提供者もメジャーな方ばかりだそうです。

Ct_02_20190621233001上2枚の画像は番組HPより引用しました。
 
ストーリー的には17歳の二人の少女が、AI作成による楽曲に自身のナチュラルな自作曲で挑戦しプロを目指すサクセスストーリーとの事ですが、流れる曲がどれも秀逸でスバラシく、久しぶりにシングル版のCD買っちゃいました~←限定でアナログ盤も出ているそうです。

Ct_04 まず、OPとEDの楽曲にヤラレました。演奏シーンにリアルGibsonのGuitarが出演するのもすばらしい!←演奏シーンの楽器は、すべて3Dで手描きの人物と合成だそうです。私ら世代の学生時代は、GibsonやMartinのアコギといったら憧れの的でした←ちなみにワタクシはYAMAHAのフォークを愛用。FやBmが最初の壁でした~~。


楽曲の表現を活字であらわすのは苦手なので、アニメという既成概念を捨て、Back Ground Visualとしてでも良いので、まずはご視聴を…。

ホントはVocal Collection 1が発売されたらUPしようかと思っていたのですが、そちらのインプレは別に譲るとして、発売が延期されてしまったので、待ちきれずに本日UPしちゃいましたっ!

2019年6月19日 (水)

御神水を汲みに、再び赤城山へ~

洗車して撮影した先日の日曜日は、あまりに天気が良かったので、最近、赤城山に嵌まっているカミsanを誘ってドライブです。

今回は榛名山にしようと誘ったのですが、どうも前回訪れた際に旧山頂駅から少し下ったところにある「御神水」が気になったらしく、汲んで帰りたいという。まぁ、ドライブならどこでもよいので、温泉セット(タオル、バスタオル、着替え)とカメラも積んで昼前に出発。伊勢崎市内でランチを摂って、いつものルートで大沼を目指します。

Goshinsui_02途中、雲がかかってきて、路面がぬれている箇所にも出くわしましたが、ケーブルカーの旧山頂駅に着いたときは晴れ間が出てきました。

で、ここからかつての線路沿いに急な階段を下ってゆきます。
左カーブを更に下ってゆくと、階段は崩落しており、その右側に鉄パイプで汲んだ階段が…
Goshinsui_03_1パイプで組んだ橋を降り、更に岩場を少し下ると、ご神水の汲み場に到着します。

Goshinsui_04   
能書きが書いてあります。
Goshinsui_09800段以上下って、汗びっしょり。

2Lのペットボトル2本に水を汲んで、少し休んでから、来た道を登ります。
Goshinsui_05すれ違いは厳しいので、下りの方が、避けて待っていてくれます。

お礼の挨拶を交わしながら更に進むと、やっとゴールが見えてきました。
Goshinsui_06ここ↑から振り返ると、筑波山が遠くに見えます↓
Goshinsui_08
展望場所で江戸方面を眺めていると、景色がよいので、うっすらとスカイツリーも見えました!Goshinsui_07Google map先生によると、直線で約108km…明るさとコントラストをちょいと弄りましたが、等倍切り出しですぅ。

9616akagi_01 駐車場に戻ったら、お隣さんもアウトバック…スバルの法則は健在ですねぇ…。

息も整ってきたので、サントリービアホールのソフトクリーム(写真忘れました)をいただきました。
9616akagi_04そのまま来た道を下って、富士見温泉に浸かって疲れを癒して帰宅しました~

 

2019年6月17日 (月)

Strawberry moon

Strawberry_moon_01だそうです、本日は。80-400mmで撮影後、リサイズ&レタッチ

梅雨の中休みと言ったところでしょうか?昨日にも増して、シーイングがヨカッタですねぇ…

話変わりますが、レンズを購入しました。

9616_04Nikon 24-120mm f4G VRです。SIGMA 17-50mm f2.8のズームリングが回転しない故障となり、代替機としての購入です。

9616_05キットバラシの新品購入ですが、いやいや、コスパが高いです。サイズがでかいのと重いのが欠点ですが…。
DXの16-80mmと悩んでのですが、FXレンズとしました。

9616_013枚とも絞り開放(f4)で撮りましたが、コレに我慢できなくなったら、もう大三元に行くしかないのでしょうねぇ?


p.s.
ワイド端は、単焦点が欲しいですぅ~

下の1枚だけは上記レンズが来るまでにツナギで使っていたSIGMA 18-300mm f4.8-6.3 Zoomです。
Obk07sD70購入当時←2004年頃?、中古(5000円)で購入したもので、AFは迷いっぱなしですが、SSを上げた晴天下でちょっと絞れば、結構イケル事を新発見しました!

2019年6月12日 (水)

今年も観戦!Rally Montre 2019

個人的なスケジュールの都合で初日の夕方、SS10のみの参加でしたが、曇天や薄暮と格闘しながら、楽しんできました。
今年はアジ・パシ(Asia Pacific Rally)の同時開催で、最初にそちらからスタート。

自宅で昼食を摂り、R17→353→145→406号経由の下道でカミsanと到着したのは16時。

Mt2019_18太陽も山に隠れ、上空には雨雲、スキー場側から吹降ろす風で体温も奪われており、ポンチョを羽織っての撮影でした。

最初のカーブ=ほぼテレ端にSS(シャッター速度)を合わせたため、タイヤが止まってしまいました←昨年から進歩しておりません(涙。

Mt2019_01JN1優勝の新井敏弘選手。コマ毎の動きを見ると顕著ですが、タイムの早い選手はテールを振り回さずクイックな動きでムダがありません。ダイナミックではないため、絵としての派手さはありませんが。このSSは3番手タイム。

Mt2019_06このSSトップタイムをマークした奴田原選手、早いっ!歓声も上がっておりました~。

Mt2019_13敏弘選手ご子息の新井大輝(ひろき)選手は、前回、久万高原ラリー優勝と今シーズン頭角をグイグイ現しています。しかし、ここのSSで周回を間違えて、痛恨のコースミスからリカバリーで5秒のロス。JN1内で本SS10位。このタイム差が翌日の2位争いの結果を左右したと言えるでしょう。

Mt2019_102日目、終始2位争いのシーソーゲームを制したのは、鎌田選手。昨シーズン辺りからワタシも推しています。このSSでも2番手タイムをキープ。グラベル、ターマック共に速いです!

この辺りはSSをかなり落として撮りましたが、なかなかホイールの回転が表現できていません。テレ端はブレブレですし…。ISOはオートですが、縮小サイズなら結構見られると思います。

JN3の途中でパーキングへのシャトルバス終了の19時に近づいたので引き上げてバス停へ戻ります。

Mt2019_19今年もキャベツの引換券を数枚、もらっちゃいました!

昨年同様、勤務先の保養所(草津温泉)で1泊したのですが、翌朝起きたら、曇り。
午前中から雨天の予報だったので、2日目の観戦はキャンセルしてR146→18号→上信越道経由で、実家へ行きました。

Mt2019_20ちょっと遅いお昼は、実家の母と3人で。横川のドライブインで購入した峠の釜飯でランチです。

来年も保養所が予約できたら参戦しますっ!

2019年6月 6日 (木)

いつか、その声が果てるその日まで~♪ Crossover Live 2019 後編

これは本年2月に行われたFlying Dog10周年の犬フェスのグッズ↓
Live16インフルエンザの病み上がりで頭がクラクラしていたので、記事のUPを忘れており、購入後も冬だったので着ることなくタンスの肥やしでしたが、今回の初日にデビューです。
 

Live12初日の腹ごしらえは、屋外販売のマクロス丼、FBのカツカレーにラグ娘娘の水餃子ゼントラ盛り、とらい餡ぐらー鯛やきにポップコーン、ネックストラップ付きの飲料水ですぅ~90分も待ちました(涙。なので、2日目は蓮田SAのパン屋さんで購入し昼食摂ってから現地入りです。
 
○ステージ後半
 
休憩を挟んだあとは、いよいよマクロスFの歌姫、シェリルノーム(May'n)とランカリー(中島愛)の二人組みの登場です!
Live06協賛ブースの1/1フィギュア?…もうこの辺りからは、主導権は娘のほうで、ワタクシは保護者モード。

「星間飛行」なんて、放映当時はクルマの運転中に助手席の娘に向かって、「キラッ☆」なんて合いの手を打っていましたが、10年経ってステージのメグさんに向かって「キラッ☆」っと声掛けできるなんて思ってもみませんでした。娘は、なんでも放映当時からライブに来たかったようですが中学生であり、キャッシュカードも持てずチケットも取れなかったので、ずっと来れなかったと申しておりました。まぁ帰宅も遅くなるし親としても心配でした。社会人になった今はその反動で、友人たちと沢山の音楽ライブに参加しているようです。

Live05協賛ブースで展示されていたデルタのプラモデル~有名な死神仕様&ワルキューレリーダーのカナメさん♩

ランカ&シェリルの盛り上がりも醒めぬままに、最新のマクロスシリーズの歌姫たち「ワルキューレ」の5人組のユニットの登場です!この曲たちがですねぇ、70年代後半~80年代全般のサウンドでオッサンたちには懐かしく、若者たちには新鮮で爆発しているようです!今回のセットリストの中では、個人的に「ワルキューレは裏切らない」がツボでした。新作映画も発表されましたので、そのプロモーションや盛り上がりにあわせてLIVEが行われることでしょう。
娘は、このメンバーの中の声優、鈴木みのりさんと同学年という事で推しているようです。

ワタシも、実は飯島真理さんや福山芳樹さんとは同学年で、そんな親子での縁もあってか、マクロスの楽曲はずっと追いかけ続けております。

秋元おじさん系や、TV画面を賑わせている大量女子グループたちよりも、明らかにアニソン歌手のほうが歌の実力も高く、クルマのなかで流しても快適です。特にマクロス系については、古くはビクター音産時代から現代のフライングドッグに至るまで音楽性の高いサウンドで結構な数のアルバムをリリース多くのヒット作が産み出されております。

そして二日目もいよいよ終盤で、まさかの坂本真綾さん登場!マクロスFのOP「トライアングラー」をご披露いただきました。

Live10

思い出深いアンコールを経た後、いよいよ終曲は…何でも最終日6月2日は、羽田健太郎さんの13回忌だったそうで、初日同様、初代マクロスのED「ランナー」を出演者全員で歌唱して幕が下りました。これって、実写映像で女性がマクロスの想いでのアルバムをめくる動画なのですが、めくっている手は早瀬美沙さんという設定なのです。

Live15マクロスシリーズは、歌の力で相手を鎮め、争いを融和に持ち込むという物語。それが人のみならず植物や細菌、宇宙生物であってもその響きで癒す様は、1万4千人が集結しシャウト&涙した幕張メッセにおける現実サウンドの渦中にも、その力があると確信しました。

世代を、時空を超えたライブコンサート、次回も開催されたら、ぜひ行きたいと思いました~


最後の画像のみ、公式HPより引用しました。
ライブの詳細は、こちらのレポートが詳しいです。

 

2019年6月 4日 (火)

俺の歌を聴けぇ~っ♪ Crossover LIVE 2019 前編

娘は音楽好きで、友人たちとよくコンサートに行っていることは以前書きました。


しかし、アニソン系の音楽好きの友人はおらず、こと、マクロスシリーズに関しては何度か私もお供しております。

超時空要塞マクロスのコンサートに関しては以前記事に書きましたが、今回もマクロスのLIVEネタです。

で、クロスオーバーコンサート2019 今回はコンサート前半の様子をお届けします。


開場の幕張メッセまでは東北道 川口JCTから外環道(C3)で高谷JCT経由で自宅から、2日間往復で2連チャンです。 三郷南ICから先ははじめて走りましたが、かなり空いていましたし、アップダウンや地下トンネル区間?もありましたが快適にドライブできました。

息子にはガンダムやヤマト、ゴジラやウルトラマン系を小さい頃から仕込んでおり、中学生くらいまでは、それを理由によく映画館へ連れてゆきました。一方、娘にはあまりそのような仕込みはしておりませんでしたが、マクロスFの歌姫、シェリルノームにはハマってしまったようで、TV版を毎週観ており、劇場版は息子と3人で観に行ったりしました。その後もマクロス系の音楽は追いかけていたようで、最新作のマクロスΔでは2017、18年と5人グループの歌姫たちのコンサート(横アリ)に父娘二人で足を運びました。

そして、一昨年のコレと今年に入っての犬フェス、今回の超時空クロスオーバーライブへの参加と相成りました。

Live07当時、美少女キャラデザで一世を風靡した美樹本晴彦さんからは真理さんへのお花が…

16時開場ですが、モギリのスタッフさんも多く、バッグ内確認も無く入場はスムーズです。Live11


○ステージ前半

飯島真理さんについては、記事を書き出すと2本くらいのボリュームになってしまうので、別途UPしようと思いますが、ご本人も初代マクロスの劇中同様に作中でヒロインが成長するように、実歌手としてもブレイクしたことは我々の年代にとってはご存知の事と思います。

そして、BSマクロス投票番組でも歌部門でトップを取った「愛・おぼえていますか」二日目はサビの部分を客席に振ってくださり、会場全員で歌いました。この曲はマクロスシリーズのキーとなって、以降の作品でも歌い継がれてゆきます。オープニング「小白竜」では愛さんとのデュエットで始まった初日でしたが、二日目はバサラとのオープニング「息をしている 感じている」は、また違った印象の曲を聴かせていただけました。

Live09 最初はこの、ミンメイのステージ、次がマクロス7のサウンドユニット「Fire Bomber」(福山芳樹、チエ・カジウラ)、この作品の放映当時はバイクとスキーに夢中で、個人的にはアニメーションから離れた時期だったのですが、彼らのサウンドクオリティーの高さからアルバムは何枚も購入しており、スキーで行く車中で彼らの曲を流すと友人たちは決まって「どこのバンド?なんて曲??」と聞かれることが多く、「Fire Bomberって言うんだ」とドヤ顔で答えておりました。
 
まぁ、アラサー(当時)独身スキー仲間なんて、アニメは観てないですよね~。
 
バサラの曲はアコースティックな「Remember16」、OVAのOP「Dynemite explosion」などがワタシの好み。ミレーヌの初日ソロ曲、カジウラさんのアレンジは妖し過ぎてトイレへ立つ人しきり?二日目はまともでしたが…。また、二日目のみのバサラ、銀河クジラへの雄たけびは皆で叫びましたぁ~。
Live13_2  

バサラ、カッケェ~~ということで後編へ続きます♩

2019年6月 1日 (土)

Pleo Plus、1ヵ月点検終了

今週の木曜日に完了しました。

それに遡る日曜日には、慣らし終了も兼ねてカミSanを乗せて、行き先はワタシの趣味で赤城山へドライブです。

軽で登るのはサンバーに続いて2台目。

ステラではパワーが無くて行く気にもなりませんでした。というかエンジンの非力さに殆ど運転したことはありません。

カミsanには不要だったとはいえ、スーチャを選択しなかったことに後悔しきりでした。なので、サンバーと入れ替えでステラはサヨナラするわけだったのですが、彼女のお気に入りだったことと、娘も免許を取って乗り始めたので、アウトバック購入資金の一部として屋根のへこんだサンバーを先に手放したのでした。
Pp_11
上部道路をひた走り、途中から右折して上り、大鳥居の東側に出る道へ合流。
その道沿いにあるお蕎麦屋さんで昼食を摂って、通称南面道路をひたすら上ります。

後ろからバイクの集団が追い上げてきますが、遅いミニバンが先行しているため、ワタシのペースで登ることが出来ました。

シフトレバーはDモードのままで、Sモードを使わずに上りきりました。
小沼へ続く比較的急な登坂路も30km/h程度でグイグイ登ってくれます。
Pp06今回、ソフトクリームがおいしいとウワサの峠茶屋で、エスプレッソとのセットをいただきました。
写真を忘れましたが、牛乳の香りが強く、おいしかったです。

ここは、かつて麓の利平茶屋から1957年に登山鉄道が開通し、山頂駅として営業されておりいましたが、ワタシらが登ってきた道路が開通したことで利用客も減り、1968年に廃線となったのでした。
Pp05下りは先行車に詰まるまでは、ブレーキのみで下ります。Bモードのシフトにダウンすると、速度とシフトダウンにあわせるべくイキナリ回転が上がり、エンブレが多用できるようになります。しかし要領がうまくつかめないのと、エコではないため、Dモードでフットブレーキに頼りながら下ります。
Pp03毎度の場所で覚満淵を望みます。 

通常のスバル車であれば、マニュアルモードでシフトダウンしてエンブレ+ブレーキ冷却を行うのですが、今回はちょっと多めにブレーキングして、その後は慣性で下るというパターンで前車との車間距離を多めにとって下ります。フットブレーキを多様しなかったせいか、ベイパーロックもありませんでした。

その昔、ATの運転に慣れていなかった頃、250Tで大沼から赤城神社への下りでベイパーロックして焦った記憶がありますので、ちょっとヒヤッとしましたが、南面は勾配も緩くカーブの半径も大きく、直線比率も高いため問題ありませんでした。まぁ、サンバーのときもこの道で下って問題ありませんでしたが。

Pp_09
1ヶ月点検はオイルとフィルターを交換したのみ。
結構楽しいドライブでしたぁ~

2019年5月25日 (土)

アウトバック 半年後インプレッション!

GW前に書き溜めた最後のネタです。
 
納車後ファーストインプレッションを書こうとしていたのですが、アレヨアレヨと時が経ち、今になってしまいましたので、遅ればせながら使用感も含めてインプレッションします~。
 
○静的質感
Obk_25
○エクステリア
  
以前、過去の記事でアウトバックのエクステリアデザインについて記入したことがあります。


Obk_03フロントフェイスは前モデルのBN9よりおとなしくなっており、個人的にはこちらの方が好感が持てます。
 
Obk_08リヤについては、コンビランプ周りに最新のインプレッサワゴン系やフォレスターと共通の意匠のさきがけのような統一感が見受けられます。
 
Tenjin13 サイドビューはフロアからルーフまでの高さを低く見せるためにクラッディング(サイドシルカバー)とドアプロテクターをブラックアウトしています。リミテッドの場合はドア側をメッキ処理することで、ベースグレードよりランクが上であることを醸しています。暗色系の色でもアクセントになっております。またレヴォーグではウィンド周りは下部のみだったメッキ加飾が全周にされており、ForesterのPremiumやAdvanceも同様の処理になりました。
 
ルーフレールが低いタイプなのは立体駐車場を考慮してのことかと思います。
00_obk05ルーフスポイラーも標準装備なので一体感のあるデザインです。
 
 
○インテリア
 
人生初!の本革電動シート(シートヒータつき)…メモリー機能がついていることがウレシイです。00_obk06独特なにおいがしますので、微香性の消臭剤を1ケ、運転席側の吹き出し口に追加して様子見でしたが、半年経って気にならなくなりました。シートアレンジでは、助手席のヘッドレストを外してフルフラットにすれば、前輪を外した状態のチャリを積んだまま車中泊が出来そうです。その際には荷物は運転席側に移動する必要があります。
 
ナビゲーションはカロッツェリア7インチ…。たぶん楽ナビかと思います。ステアリングリモコンとは連動しておりません。装着可能か調べてみましたが、ミュートボタンが機能しないようです。恐らくこのナビの仕様でありしょうがない(←親父ギャグ)のだとは思いますが、LEVORGのときはミュート、選曲、ボリュームを最も操作したので、ミュートボタンが無いことは残念です。
 
USBダイレクト接続用のケーブルは後付けで装着をお願いしました。音はまあまあ。昔はスピーカー配置やヘッドユニットにこだわりもありましたが、最近は特に高音質を望みません。志向性の強いフロントのツィーターだけは自分のほうに向けたい気もしますが。
 
 
○動的質感
 
NAモデルですが、なぜかS#モードも搭載しております。←個人的にはSモードまでで充分です。
Obk_16 エンジンはNA2.5L、新型フォレスターと型式は同じFB25ですが、直噴ではなくマルチポイントインジェクションです。カバーも無くむき出しのインマニは樹脂の一体成型でアルミ合金製よりも見た目の安っぽさは否めませんが、軽量化とコストダウンには貢献していると思います。
 
サスペンション周り
 
エンジンはクレードルにマウントされるタイプで、静粛性に優れていると思います。
Sb_09
フロントはマクファーソンストラットで、スタブレックスライド機能ダンパーを搭載。ロワアームは板金製、レヴォーグのGTS系(今はSTIのみ)は軽量アルミ鍛造製でしたので、コストダウンされております。スタビライザービポットは、長いことロワアーム取り付けでしたが、ストラットマウントに変更されております←こちらの方が、システムが同じなら、より効くとされています。
 Sb_10リヤサスペンションは、レヴォーグと同様のダブルウィッシュボーン。アッパーアームはレヴォーグが板金溶接構造に対して、アウトバックは、恐らく鋳物です。スポーティモデルは軽量に、SUVはタフに、というコンセプトの違いでしょうか?
 
マニュアルを読むと、メーターリングの発光も何色も選べるようです。
00_obk07VM4Aでは気になった1500r.p.m.以下の低速走行は、さすがに2.5Lの排気量なので安心。ただし過給直前だった1500~1800r.p.mが、今回はNAなので、少々もたつくのと、振動や騒音が少々増幅されます。そこを超えれば、トルクも豊かで登坂路も問題なしです。
 
p.s.
写真は沢山撮っていますが、走行中の写真を自分で撮れないのが残念です…。

 

 

2019年5月16日 (木)

タイヤ交換のついでに…

スキーに行った時の走行で、スプラッシュボードが必要なことを実感しました。

そういえばSHフォレスターのときも新車納車時は装着しておらず、一冬越した後に装着しました。

レヴォーグでは車高が低いこともあり最初からからエアロスプラッシュを装着しておりましたが、今回のアウトバックではSHフォレ同様「必要なら後付けでいいか。」と思っていましたが、いざ雪道やぬかるみの走行を行うと結構な泥はね、特に前輪が顕著に汚れました。
Sb_11で、ネットで探していると、中華製のリーズナブルなものを発見!ユーザーレビューも悪い評価ではなかったので、国内純正の1/3程度の値段でネット購入。海外からの直接発送だったので若干不安(自宅住所とTELの個人情報が、かの国へ…)もありましたが、無事届きました。

Sb_03実際にフィッティングさせようとするとタイヤを外す必要があったので、先月、夏タイヤへの交換と同時に実施しました。

ユーザーレビューにもありましたが、取り説等は一切ついておりません。
グロメットやボルト類も、必要以上に同梱されていますので、この中から探して着けろということなのでしょう。

Sb_01前輪は、グロメットとタッピングスクリュー、固定用樹脂クリップで装着します。

Sb_06下側の黄色の固定用樹脂をタッピングスクリューで止める作業が厄介でしたが、右側でコツを掴んだので、左側はスムーズでした。

Sb_02後輪は、グロメットとタッピングスクリュー、スクリュー固定用金具を利用して固定します。

Sb_07やはり下側のグロメットが抜けなかったので、タミヤのプラモ専用ニッパーを持ち出し、切り飛ばして外しました。

Sb_05取り付けもここの部分が超やっかいでしたが、しっかり固定されたので、走行中も問題ないと思います。

GW含め交換後にぬかるみを走る機会に恵まれていませんが、効果のほどは、いずれ確認してゆきたいと思います~。
Sb_12いまさら自身で取り付ける方もいらっしゃらないとは思いますが、備忘録で記録しましたぁ~

このタイヤで年末までの3シーズンを過ごします。今年の12月が1回目の車検なので、夏タイヤはその時か、来年の春先にチェンジしようと思います~。

2019年5月12日 (日)

2018-19シーズン、スキー総括

シーズン総括です。リフト券フォルダーから取り出したチケットと共に振り返ってみます。

Ski01左から

小海リエックススキー場

ブランシェたかやまスキー場

苗場スキー場

しらかば2in1スキー場

ピラタス蓼科スキー場

神立高原スキー場
Ski02コレだけはICチケットであり返却してしまったので、別写真で紹介です。

白根山の警戒レベルも1になって、GW前には日中のみですが草津-白根ルートも開通し、志賀方面へのアクセスが再開しました。ワタシはその前にタイヤをノーマルに戻してしまったので、今シーズンは終了となりましたが、気温も低かったのでGWの春スキーや雪の壁が大いに満喫できたのでは無いでしょうか?

Ski03来シーズンも楽しみたいと思います!

«新車購入!Pleo plus~